俺は行く

アクセスカウンタ

zoom RSS コロッケとおじいちゃんの話

<<   作成日時 : 2012/04/03 03:46   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

北條です。
昨日のブログ更新を機に、また頑張って色々書いていきたいと思います。

Let It Go TOURで行った、とある地方での話。
リハーサル終了後、いつもオープンの時間まで飯を食いに行って付近を散策するのですが、何気に歩いた商店街に精肉店がありまして。
食後ではあったものの、正直そんなに食欲も満たされていなかった自分はもう少し何かを食べたくて、ふとその精肉店を見てみると50円でコロッケを売っていました。

商店街自体が人通りも少なく、その精肉店にもお客さんは一人としていなかったのですが、コロッケが無性に食べたくなったので、買って食べる事にしました。
ラジオを聴いて座っている一人のおじいちゃん。この人がこの精肉店の主であろう。

「すんませーん、コロッケ一つ下さい。」

俺がそういうとハッとした顔でおじいちゃんは立ち上がり、足が悪いのか、杖をつきながらこちらへやってきます。
そして紙袋にコロッケを入れてくれ、嬉しそうな顔でこんな言葉をかけてくれました。

「ありがとう。まだぬくいからな、冷めへんうちに食べてな。おいしいからな。」

この言葉とおじいちゃんの笑顔に触れた瞬間、何とも言えない優しさに包まれました。
そしてこのコロッケに、おじいちゃんの並々ならぬ愛情を感じました。

すぐに食べたんですが、正直、味はおいしいとは言えないかもしれません。
でもそんなおじいちゃんの気持ちが伝わってきて、すごく温かい、愛に溢れたコロッケを食べたような気がしました。

まだ俺が子供の頃は、今の時代なんて想像もつかなかった。
インターネットで買い物もできて、名前も顔も知らない人とコミュニケーションがとれて。
携帯電話でどこでも通話ができるようになり、TVゲームだってまるで映画のワンシーンのように綺麗になり。
本当に今の時代は、少年時代の俺からすればドラえもんが住む未来の世界だったんです。

すごく便利な世の中ですが、やはりこうやって目の前にいる人とのコミュニケーションって大事だなーと思いました。
気持ちって込めれば伝わるし、込めずに見栄張っても伝わらない。
それはコロッケに限った事ではなく、何に関してもそう。

そんなおじいちゃんの作ったコロッケみたいなライブをしたいと思います。下手くそでもおいしくなくても、人間味が一番。気持ちの乗っかったライブを。

またあのコロッケ食べたいなー。
では。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
泣きそうになりました。何とも言えぬ、暖かい気持ちになりました。
素敵なお話を有難うございます。
キョウコ
2012/04/03 08:03
全く以って同感です!

人間は便利を追究した結果、生活が充実したり、労働が簡単になり、楽を求めて考えるようになりました。

一概には申し上げれませんが…

上記の事柄やコンピュータ普及によるIT化で、人間の感情が希薄化したのも事実です。

MARGALINEは売れようが売れまいが、今後も人との繋がりを大切にしたバンドであり、バンドマンであってほしいと切に願います★

DREAMER、発売おめでとうございます!昔も今も、これからも絶えまず応援を続けます♪
伸吾@親愛隊長
2012/04/05 02:02
ブログを読んで心が暖まりました。
ふと思い付いた行動で思いがけない出会いがあるのですね
あべしひでぶ
2012/06/18 22:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
コロッケとおじいちゃんの話 俺は行く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる